Welcome Guest 
メインメニュー
診療案内
仲間の施設
Mobile Web Site

右のQRコードを携帯で読み取ると携帯サイトにアクセスします。
QRコード
携帯サイトはこちら
医療法人社団三矢会 前橋広瀬川クリニック

リウマチ・膠原病、腎臓病、血液浄化(透析など)・糖尿病などの専門分野と地域医療の前橋広瀬川クリニック

広瀬川クリニック1 広瀬川クリニック2 広瀬川クリニック3 広瀬川クリニック4 広瀬川クリニック5 広瀬川クリニック6 広瀬川クリニック7
前橋広瀬川クリニックからのお知らせ

外来新設のお知らせ

  • 平成29年3月より甲状腺専門外来を新設いたしております。
  • 平成27年7月より動脈硬化専門外来を新設いたしております。
【甲状腺専門外来・動脈硬化外来は完全予約制となっております】
*受付または、お電話にてご予約ください(TEL:027-231-4101)

休診のお知らせ

  • 清水医師(糖尿病外来)

    12月1日(金)、2日(土)、21日(木)、22日(金)休診となります。

    1月4日(木)、11日(木)、19日(金)、20日(土)休診となります。

  • 酒井医師

    12月20日(水)休診となります。

  • 出浦医師

    1月25日(木)休診となります。

土曜外来のご案内(12月・1月・2月)

12月2日 9日 16日 23日 30日 1月6日 13日 20日 27日 2月3日 10日 17日 24日
篠原
 
矢野
酒井
清水
矢野
篠原
清水
矢野
休診 休診 篠原
清水
矢野
酒井
清水
矢野
篠原
 
矢野
 
清水
矢野
酒井
清水
矢野
篠原
清水
矢野
篠原
清水
矢野
 
清水
矢野

※土曜午後は休診です。掲載内容は12月7日現在の予定となります。

休日当番院のお知らせ

  • 平成29年12月24日(日曜日) 前橋広瀬川クリニック(本院)
    電話:027-231-4101
    住所:前橋市千代田町二丁目10-9
     
  • 平成30年1月3日(水曜日) 前橋広瀬川クリニック 分院
    電話:027-219-1381
    住所:前橋市千代田町四丁目17-6

年末年始休暇のお知らせ

  • 平成29年12月30日(土)〜1月3日(水)まで年末年始休暇とさせて頂きます。
    皆様にはご不便おかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
    *平成30年1月4日(木)から通常診療となります。

    年末年始の診療は待ち時間が長くなることもありますので、お時間に余裕を持ってお越し下さい

講演会のお知らせ
講演会は患者さまや一般の方のための講演会です。
普段思っていてもなかなか聞けない心配事や、疑問に答える時間も持ちます。
カタヒジ張った講演会ではありませんので、御気軽にいらしてください。
  • 第34回講演会 2017年9月30日(土)14時〜
      1. 「慢性腎臓病について」 演者:医療法人社団三矢会 矢野 理事長
        病気について正しい理解を深め、日常生活での工夫やポイントを考えていきましょう。
わが町わがクリニック

<クリニックの風物詩>
今年もやってきたツバメ。わがクリニックには4つの巣ができました。
その一つには、2回も巣作りがなされ、8月間近の今、ヒナたちが巣立ちを待っているところです。
ツバメは美しい飛形の鳥ですが、親の責任も立派に果たしています。(2007年7月30日)




「路は叱ったが、路自身も粗忽でおもしろい兵六の嫁になりたかったのである。
路は十五で、節は十三だった。そういう時は終わった。巣をこわされたつばめは、
もう来年は来ないだろう。すべてが変わったのだった。」

(藤沢周平「玄鳥」)

「なみは話をそらした。頭上を飛びすぎたつばめの姿が頭にうかんでいた。
あのとき、何かいいことがありそうだという気がしたのは、
いろの真黒な滝蔵のことだったのだろうか、と思ったとき、腹に笑いが動いた。」

(藤沢周平 「初つばめ」)

ツバメは幸せを運ぶ鳥といわれています。
私の好きな藤沢周平の作品の中に、ツバメを題名とした小説があります。
私はそれほどの読書家ではないので、膨大な藤沢周平の作品の半分も
読んでいないと思いますが、「玄鳥」と「初つばめ」の二つは読みました。
「玄鳥」では冒頭に、門の軒に作られたツバメの巣が登場しますので、
それで初めて玄鳥がツバメという意味だということが分かったのですが、
何でこんな馴染みのない(知らないのは私だけかも?)言葉を使ったのでしょう。
これ士道もの。武家の娘「路」は魅力的な女性です。どうも藤沢作品には、
悪い男はいても、悪い女は、あまりいないような気がします。
一方、「初つばめ」は市井もの。姉一人弟一人の家族。
姉のなみは弟を育てるため、体を売ることまでしたが、
やがて弟は出世し、大店の娘と結婚することになる。
さて、ツバメがやってきたのは路?なみ?そして、わがクリニックは?(2007年8月)


<おまけです>
クリッニックの周辺を散策してみましょう

広瀬川沿いのさくら並木。前橋文学館前。(左 2007年4月)
国道50号沿いの落葉。東和銀行本店前。(右 2006年11月)



 


Copyright (C) 2002-2017 医療法人社団 三矢会 All Rights Reserved.

前橋広瀬川クリニック(通称本院)
〒371-0022群馬県前橋市千代田町二丁目10-9
電話 027-231-4101 FAX 027-231-4112

前橋広瀬川クリニック分院
〒371-0022群馬県前橋市千代田町四丁目17-6
電話 027-219-1381 FAX 027-219-1382

上毛大橋クリニック


リウマチ・膠原病、腎臓病、血液浄化(透析など)・糖尿病などの専門分野と地域医療の前橋広瀬川クリニック  Copyright © 2002-2017 Maebashi Hirosegawa Clinic All Rights Reserved.